小岩井農場のものづくり。のむヨーグルト。

「豊かな味わい」。
召し上がったお客さまから、そんなお言葉をいただきます。
そのひみつは、素材の品質とシンプルさにこだわった製法。
大自然の恵みのなかで乳牛をたいせつに育て、
生乳から、ひとつひとつ丁寧につくる。
これからも、そのこだわりを守りながら、新鮮な素材そのままのおいしさをお届けします。

豊かな味わい

豊かな味わい

豊かな味わいは、土と草づくりから。

生乳の味は豊かな大地と牧草がつくります 。 乳牛の主食である牧草やデントコーン(とうもろこし)は、小岩井農場内にある約640haの圃場で生産しています。

また、毎日、一頭一頭の体調に注意を払います。朝の搾乳が終わると、牛舎前のパドックで運動をさせています。さらに、農場の専任獣医師による定期的な健康診断を行い、健康な乳牛を育てています。

こうして手塩にかけた健康な牛からは、風味豊かで濃厚なおいしい生乳が搾られます。

牛の素性も明らかです

素性明らか

素性明らかな製品づくり。

明治34(1901)年、海外から乳牛を輸入し、品種改良を続け、国内の畜産振興のために種畜のブリーダー事業を行ってきました。現在、飼養されている約2,000頭の牛は全て小岩井農場生まれ。何代にもわたって血統が明らかです。

小岩井農場育ちの「のむヨーグルト」と「低温殺菌牛乳」は、小岩井農場の牛から搾乳した生乳のみを使用しており、生産農場だからこそ可能な、安心で素性明らかな製品づくりを徹底しています。

おいしさの秘密

おいしさ

鮮度

小岩井農場の牛から搾乳した新鮮な生乳を鮮度の良い状態のまま農場内の小岩井農場「製乳工場」で加工しています。鮮度の良さは、生産農場ならではです。また素材の風味を最大限に生かし、甘すぎず、酸っぱすぎずバランスの良い味に仕上げました。

品質

品質保証部門と連携して、衛生管理を徹底しています。このようにして生産された良質な生乳は、いち早く小岩井農場「製乳工場」に運ばれ、衛生管理の徹底した工場で、のむヨーグルトとして加工されます。